旧約聖書「創世記」に関する礼拝説教 5件

問い合わせ

日本キリスト改革派 岡山西教会のホームページへ戻る
聖書をはじめとする教会の本棚イメージ画像

旧約聖書「創世記」に関する礼拝説教 5件

に関する礼拝説教を公開しています。タイトルをクリックすると詳細が表示されます。礼拝のYoutube動画は1か月程公開しています。

創世記1章1節~13節 1:1 はじめに神が天と地を創造した。 1:2 地は茫漠として何もなく、闇が大水の面の上にあり、神の霊がその水の面を動いていた。 1:3 神は仰せられた。「光、あれ。」すると光があった。 1:4 神は光を良しと見られた。神は光と闇を分けられた。 1:5 神は光を昼と名づけ、闇を夜と名づけられた。夕があり、朝があった。第一日。 1:6 神は仰せられた。「大空よ、水の真っただ中にあれ。水と水の間を分けるものとなれ。」 1:7 神は大空を造り、大空の下にある水と大空の上にある水を分けられた。すると、そのようになった。 1:8 神は大空を天と名づけられた。夕があり、朝があった。第二日。 1:9 神は仰せられた。「天の下の水は一つの所に集まれ。乾いた所が現れよ。」すると、そのようになった。 1:10 神は乾いた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神はそれを見て良しとされた。 1:11 神は仰せられた。「地が植物を、種のできる草や、種の入った実を結ぶ果樹を、種類ごとに上に芽ばえさせよ。」すると、そのようになった。 1:12 地は植物を、すなわち、種のできる草を種類ごとに、また種の入った実を結ぶ木を種類ごとに生じさせた。神はそれを良しとみられた。 1:13 夕があり、朝があった。第三日。

天地の創り主なる神を信ず(使徒信条の学び 8) Youtubeファイルがあります聖句があります原稿があります

日付:
説教:
田村英典 牧師
創世記2章1節~9節 2:1 こうして天と地とその万象が完成した。 2:2 神は第七日目に、なさっていたわざを完成し、第七日目に、なさっていたすべてのわざをやめられた。 2:3 神は第七日目を祝福し、この日を聖なるものとされた。その日に神が、なさっていたすべての創造のわざをやめられたからである。 2:4 これは、天と地が創造されたときの経緯である。神である【主】が地と天を造られたときのこと。 2:5 地にはまだ、野の灌木もなく、野の草も生えていなかった。神である【主】が、地の上に雨を降らせていなかったからである。また、土地を耕す人もまだいなかった。 2:6 ただ、豊かな水が地から湧き上がり、大地の全面を潤していた。 2:7 神である【主】は、その土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった。 2:8 神である【主】は東の方のエデンに園を設け、そこにご自分が形造った人を置かれた。 2:9 神である【主】は、その土地に、見るからに好ましく、食べるのに良いすべての木を、そして園の中央にいのちの木を、また善悪の知識の木を生えさせた。    (新改訳聖書 2017年度版)

神に生かされて生きる 聖句があります原稿があります

日付:
説教:
田村英典 牧師
創世記5章18節~24節  5:18 ヤレデは162年生きて、エノクを生んだ。  5:19 ヤレデはエノクを生んでから800年生き、息子たち、娘たちを生んだ。  5:20 ヤレデの全生涯は962年であった。こうして彼は死んだ。  5:21 エノクは65年生きて、メトシェラを生んだ。  5:22 エノクはメトシェラを生んでから300年、神と共に歩み、息子たち、娘たちを生んだ。  5:23 エノクの全生涯は365年であった。  5:24 エノクは神と共に歩んだ。神が彼を取られたので、彼はいなくなった。

神と共に歩む幸せ 聖句があります原稿があります

日付:
説教:
田村英典 牧師
創世記24章1節~14節 24: 1 アブラハムは年を重ねて、老人になっていた。主は、あらゆる面でアブラハムを祝福しおておられた。 24: 2 アブラハムは自分の全財産を管理している、家の最年長のしもべに、こう言った。「あなたの手を私のももの下に入れてくれ。 24: 3 私はあなたに、天の神、地の神である主にかけて誓わせる。私はカナン人の間に住んではいるが、あなたは、その娘たちの中から、私の息子の妻を迎えてはならない。 24: 4 あなたは、私の国、私の親族のところに行って、私の息子イサクの妻を迎えなさい。」 24: 5 しもべは彼に言った。「もしかしたら、その娘さんが、私についてこの地に来ようとしないかもしれません。その場合、ご子息をあなたの出身地へ連れて戻らなければなりませんか。」 24: 6 アブラハムは彼に言った。「気をつけて、息子をそこに連れて戻ることのないように死なさい。 24: 7 天の神、主は、私の父の家、私の親族の地から私を連れ出し、私に約束して、『あなたの子孫にこの地を与える』と誓われた。その方が、あなたの前に御使いを遣わされるのだ。あなたは、そこから私の息子に妻を迎えなさい。 24: 8 もし、その娘があなたについて来ようとしないなら、あなたはこの、私との誓いから解かれる。ただ、私の息子をそこに連れて戻ることだけはしてはならない。」 24: 9 それでしもべは、主人であるアブラハムのももの下に自分の手を入れ、このことについて彼に誓った。 24:10 しもべは主人のらくだの中から十頭を連れて出かけた。主人のあらゆる良い品々をその手に携えていた。彼は立って、アラム・ナハライムのナホルの町へ行った。 24:11 彼は夕暮れ時、水を汲む女たちが出て来るころ、町の外の井戸のそばにらくだを伏させた。 24:12 そうして言った。「私の主人アブラハムの神、主よ。どうか今日、私のために取り計らい、私の主人アブラハムに恵みを施して下さい。 24:13 ご覧ください。私は泉のそばに立っています。この町の人々の娘たちが、水を汲みに出て来るでしょう。 24:14 私が娘に、「どうか、あなたの水がめを傾けて、私に飲ませてください』と言い、その娘が、『お飲みください。あなたのらくだにも水を飲ませましょう』と言ったなら、その娘こそ、あなたが、あなたのしもべイサクのために定めておられた人です。このことで、あなたが私の主人に恵みを施されたことを、私が知ることができますように。」

主はわたしの旅路を導く Youtubeファイルがあります聖句があります原稿があります

日付:
説教:
李 建昌 牧師
創世記32章22節~30節 32:22 その夜、彼は起き上がり、二人の妻と二人の女奴隷、そして11人の子どもたちを連れ出し、ヤボクの渡し場を渡った。 32:23 彼らを連れ出して川を渡らせ、また自分の所有するものも渡らせた。 32:24 ヤコブが一人だけ後に残ると、ある人が夜明けまで彼と格闘した。 32:25 その人はヤコブに勝てないのを見てとって、彼の腿の関節を打った。ヤコブの腿の関節は、その人と格闘しているうちに外れた。 32:26 すると、その人は言った。「わたしを去らせよ。夜が明けるから。」ヤコブは言った。「私はあなたを去らせません。私を祝福して下さらなければ。」 32:27 その人は言った。「あなたの名は何というのか。」彼は言った。「ヤコブです。」 32:28 その人は言った。「あなたの名は、もうヤコブとは呼ばれない。イスラエルだ。あなたが神と、また人と戦って、勝ったからだ。」 32:29 ヤコブは願って言った。「どうか、あなたの名を教えて下さい。」するとその人は「いったい、なぜ、わたしの名を尋ねるのか」と言って、その場で彼を祝福した。 32:30 そこでヤコブは、その場所の名をペヌエルと呼んだ。「私は顔と顔を合せて神を見たのに、私のいのちは救われた」という意味である。

祈りについて (24) 祈りは戦い 1 聖句があります原稿があります

日付:
説教:
田村英典 牧師

聖書別で探す

過去の説教を聖書別に表示しています。聖書は旧約・新約合わせて66巻あります。

旧約聖書
創世記 5件
出エジプト記 54件
レビ記 0件
民数記 0件
申命記 4件
ヨシュア記 0件
士師記 0件
ルツ記 0件
サムエル記上 0件
サムエル記下 0件
列王記上 0件
列王記下 0件
歴代誌上 0件
歴代誌下 0件
エズラ記 0件
ネヘミヤ記 0件
エステル記 0件
ヨブ記 2件
詩編 21件
箴言 2件
コヘレトの言葉 1件
雅歌 0件
イザヤ書 2件
エレミヤ書 0件
哀歌 1件
エゼキエル書 0件
ダニエル書 0件
ホセア書 0件
ヨエル書 0件
アモス書 0件
オバデヤ書 0件
ヨナ書 0件
ミカ書 0件
ナホム書 0件
ハバクク書 0件
ゼファニヤ書 0件
ハガイ書 0件
ゼカリヤ書 0件
マラキ書 0件
新約聖書
マタイによる福音書 103件
マルコによる福音書 11件
ルカによる福音書 41件
ヨハネによる福音書 39件
使徒言行録 14件
ローマの信徒への手紙 11件
コリントの信徒への手紙一 9件
コリントの信徒への手紙二 1件
ガラテヤの信徒への手紙 4件
エフェソの信徒への手紙 9件
フィリピの信徒への手紙 4件
コロサイの信徒への手紙 3件
テサロニケの信徒への手紙一 7件
テサロニケの信徒への手紙二 0件
テモテへの手紙一 2件
テモテへの手紙二 2件
テトスへの手紙 0件
フィレモンへの手紙 0件
ヘブライ人への手紙 11件
ヤコブの手紙 3件
ペトロの手紙一 8件
ペトロの手紙二 0件
ヨハネの手紙一 6件
ヨハネの手紙二 0件
ヨハネの手紙三 0件
ユダの手紙 0件
ヨハネの黙示録 3件