ようこそ!関キリスト教会のホームページへ

日本キリスト改革派 関キリスト教会のホームページへ戻る

問い合わせ

日本キリスト改革派 関キリスト教会の礼拝堂

ようこそ!関キリスト教会へ

関キリスト教会は岐阜県関市美和町のプロテスタント教会です。毎週日曜日10時15分から11時45分まで礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝はどなたでも自由に参加できます。キリスト教や聖書に興味のある方はどうぞお気軽にお越しください。皆様の来訪を心よりお待ちしております。

新型コロナウィルス感染予防のための協力のお願い

新型コロナウィルス感染予防のための協力のお願い

・24日より朝の礼拝と日曜学校を再開しました!
 ZOOMを用いての礼拝中継も継続しています(希望者は教会までご連絡ください)。
 WIFi環境のない方で安全を求められる方や心の不調を覚えておられる方のために教会のカフェのパソコンを使用してZOOMでの礼拝に参加していただけます。詳細についてはお問い合わせく
 ださい。
※日曜日の夜19時からの礼拝は31日より再開します。それまではおやすみしています。
※水曜日の朝の祈祷会(午前10時より)は20日(水)より再開します。夕の祈祷会は27日(水)19時半から行います。
※Vineカフェは、6月より再開の予定です。

❤️ すべての集会について、換気・距離・手指消毒・マスク(ない方には教会に用意があります)などに注意を払います。

次週の日曜朝の礼拝

日時
5月31日(日) 10:15より
説教題
「弱さを生きる」
説教者
橋谷英徳 牧師
聖書
新約聖書「ローマの信徒への手紙」8章26節

※ペンテコステ(聖霊降臨日)の礼拝です。新型コロナウィルスの感染予防に注意を払いつつ礼拝をささげています。

詳細を見る

次週の日曜夕方礼拝

日時
5月31日(日) 19:00より
説教題
「神を仰ぎ見る」
説教者
橋谷英徳 牧師
聖書
旧約聖書「ヨブ記」42章1節から6節

※夕礼拝、この日から再開します。

詳細を見る

動画で見る関キリスト教会

Youtubeで関教会の紹介をしています。教会へのアクセスや中の様子、牧師のインタビューなどもご覧になれます。

→直接Youtubeで視聴する

お知らせ

2020年5月31日(日) 日曜朝の礼拝「弱さを生きる」

5月31日(日) 10時15分からの日曜朝の礼拝は橋谷英徳 牧師による「弱さを生きる」です。聖書は新約聖書「ローマの信徒への手紙」 8章26節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2020年5月31日(日) 日曜夕方の礼拝「神を仰ぎ見る」

5月31日(日) 19時00分からの日曜夕方の礼拝は橋谷英徳 牧師による「神を仰ぎ見る」です。聖書は旧約聖書「ヨブ記」 42章1節から6節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2020年5月24日(日) 日曜朝の礼拝「いのちを望む神」

5月24日(日) 10時15分からの日曜朝の礼拝は橋谷英徳 牧師による「いのちを望む神」です。聖書は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」 10章13。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

緊急事態宣言(特定警戒都道府県指定)に伴うお知らせ

1.宣言発令中(5月6日までを予定)は、日曜日の朝礼拝のみ、基本的には牧師とその家族で行います。その他の方は、ご自宅で礼拝をささげてくださることを願っています。 2.ZOOMでの礼拝の中継を行っています。参加を希望される方はご連絡ください。  このホームページの<礼拝説教>に日曜日に礼拝説教の録音と原稿がこれからUPされます。  こちらもご利用ください。 2.それでも礼拝出席したいと言われる方は牧師までご連絡ください。 3.教会は今も開かれています。  心の疲れやご自宅に居続けて、不安を覚えておられる方はご連絡ください。

新型コロナウィルスに関するお知らせ

新型コロナウィルス(covit-19)に伴っての関キリスト教会の対応について 礼拝についてのお知らせ チャーチカフェについて

すべてのお知らせを表示する

礼拝説教

関キリスト教会の日曜礼拝で語られたメッセージの音声と要約原稿を公開しています。

いのちを望む神

説教者
橋谷英徳 牧師
聖 書
コリントの信徒への手紙一 10章1節~13節

詳細を見る

わたしの教会 この一枚

関キリスト教会の教会員が撮影した写真とコメントを公開しています。

教会の花壇に赤い薔薇が今年も咲きました。
Tさんがいつも世話をしてくださっています。

neko「教会の花壇に赤い薔薇が今年も咲きました。 Tさんがいつも世話をしてくださってい…

教会カフェVineは水曜日と木曜日営業。16:00~19:00の時間帯は「サイレントカフェ」として、おしゃべりはNG。静けさを重視して読書や勉強、お仕事に専念出来る空間に変身します。写真は窓際に面したカウンター席。一人で過ごすときに人気の場所です。

モリー「教会カフェVineは水曜日と木曜日営業。16:00~19:00の時間帯は「サイレントカフェ…

教会カフェVine(ヴァイン)。基本は水曜日と木曜日営業。13:00~16:00は「ふつうのカフェ」。この時間帯はおしゃべり自由。カウンターでスタッフの方と話し込んでも良いですし、一人で読書を楽しんでもOK。お友達や小さなお子さん連れでの来店も大丈夫。

モリー「教会カフェVine(ヴァイン)。基本は水曜日と木曜日営業。13:00~16:00は「ふつう…

教会カフェVineの2階には大人のための「小さな図書館」も用意されています。ここで本を借りて1階のカフェでじっくり読書に専念してもOK。

モリー「教会カフェVineの2階には大人のための「小さな図書館」も用意されています。ここで…

教会カフェ「Vine(ヴァイン)」は子供連れにも優しいお店。絵本や児童書なども豊富に用意されています。写真はお子様専用の本棚。

モリー「教会カフェ「Vine(ヴァイン)」は子供連れにも優しいお店。絵本や児童書なども豊富…

教会カフェVine(ヴァイン)はWi-Fi完備です。電源も借りられます。スマホはもちろん、タブレットやノートパソコンの持ち込みもOKです。テーブルが広いので資料をワサワサ広げながら勉強や仕事ができるのが嬉しい。

モリー「教会カフェVine(ヴァイン)はWi-Fi完備です。電源も借りられます。スマホはもちろ…

教会カフェVine(ヴァイン)の片隅にさりげなく置かれていた人形。これは宗教改革で有名なマルティン・ルターさん。羽ペンと聖書を手にしています。宗教改革500周年を記念して販売された限定モデルだそうです。

モリー「教会カフェVine(ヴァイン)の片隅にさりげなく置かれていた人形。これは宗教改革…

関キリスト教会に隣接する教会カフェ「Vine(ヴァイン)」。その広い空間を生かして、不定期ですが催し物が開かれたりもしています。講習会やセミナー、体験教室のほか、作品の展示会なも開かれています。

モリー「関キリスト教会に隣接する教会カフェ「Vine(ヴァイン)」。その広い空間を生かし…

メニューのコーヒーは「アダチ珈琲」さんでブレンドしていただいた豆を使ったものだそうです。写真はコーヒーミルの手前でくつろぐ3体のお人形。

モリー「メニューのコーヒーは「アダチ珈琲」さんでブレンドしていただいた豆を使ったもの…

教会カフェVine(ヴァイン)の店内。テーブル席の他に、窓に面したカウンター席なども用意されています。お店のあちこちに可愛い小物が置かれているのがポイント。

モリー「教会カフェVine(ヴァイン)の店内。テーブル席の他に、窓に面したカウンター席な…

教会カフェ「Vine」。メニューは、オリジナルブレンドコーヒー、カフェラテ、スリランカ産の茶葉を使った紅茶、果汁100パーセントのぶどうジュース。お値段はすべて250円です。

モリー「教会カフェ「Vine」。メニューは、オリジナルブレンドコーヒー、カフェラテ、スリ…

関キリスト教会に隣接する教会カフェ「Vine(ヴァイン)」。基本は水曜日と木曜日営業。木の温もりと、広ーい空間が特徴的です。

モリー「関キリスト教会に隣接する教会カフェ「Vine(ヴァイン)」。基本は水曜日と木曜日…

教会の玄関から十字架を見上げたところ。

モリー「教会の玄関から十字架を見上げたところ。」

関キリスト教会の外観。空に掲げられた十字架が目印です。中は吹抜け構造になっており、想像以上に広いのが特長です。(驚きますよ~!)

モリー「関キリスト教会の外観。空に掲げられた十字架が目印です。中は吹抜け構造になって…

初めて礼拝に出席される方のために、聖書や讃美歌の貸し出しも行っております。お持ちでない方は受付のスタッフにその旨お伝えください。

モリー「初めて礼拝に出席される方のために、聖書や讃美歌の貸し出しも行っております。お…

関キリスト教会では新共同訳聖書を使用しています。

モリー「関キリスト教会では新共同訳聖書を使用しています。」

関キリスト教会のFacebook

関キリスト教会ではfacebookを使って教会の近況などを発信しています。facebookのアカウントをお持ちの方は友達申請でフォローされると、関キリスト教会の最新情報が入手出来るようになります。

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

サムエル上 27章

ダビデは心に思った。「このままではいつかサウルの手にかかるにちがいない。ペリシテの地に逃れるほかはない。そうすればサウルは、イスラエル全域でわたしを捜すことを断念するだろう。こうしてわたしは彼の手から逃れることができる。」サムエル記上 27章1節

ほかに道はない

「ペリシテの地に逃れるほかはない」。ここには、追い詰められた者の苦しみがあります。目の前の道はすべて暗く、どれも選びたくないのに決断を迫ら…