ようこそ!名古屋教会へ

問い合わせ

日本キリスト改革派 名古屋教会のホームページへ戻る
日本キリスト改革派 名古屋教会の礼拝堂を3階の母子室から見下ろしたところ。クラシカルな木製ベンチがずらりと並んでいます。

ようこそ!名古屋教会へ

名古屋教会のホームページへようこそ!私たちは名古屋市西区のプロテスタント教会です。毎週日曜日10時30分から礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝はどなたも自由に参加できます。キリスト教や聖書に興味のある方はお気軽にお越しください。あなたの来訪を心よりお待ちしております。

次週の礼拝

日時
12月11日(日) 10:30より
説教題
「神から出たもの」
説教者
山口弘 定住伝道者
聖書
新約聖書「使徒言行録」5章33節から42節

詳細を見る

礼拝参加を予約する

毎週日曜日の朝9時50分から子供のための教会学校を開いています。
毎週日曜日に子どものための礼拝も開いています。どなたでも参加できます。親子連れでも大丈夫! 教会学校の案内へ

来会時のお願い

教会では新型コロナウィルス感染症予防のため、マスクの着用や手指消毒のご協力をお願いしています。

マスクを着用したイメージ画像
感染予防のため教会に来会される方はマスクの着用をお願いしています。
手指消毒のイメージ画像
手指の消毒にご協力ください。消毒液は教会入口にご用意しています。

お知らせ

2022年12月11日(日) 日曜朝の礼拝「神から出たもの」

12月11日(日) 10時30分からの日曜朝の礼拝は 山口弘 定住伝道者による「神から出たもの」です。聖書は新約聖書「使徒言行録」 5章33節から42節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年12月4日(日) 日曜朝の礼拝「人間に従うよりも神に」

12月4日(日) 10時30分からの日曜朝の礼拝は 山口弘 定住伝道者による「人間に従うよりも神に」です。聖書は新約聖書「使徒言行録」 5章27節から32節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年11月27日(日) 日曜朝の礼拝「命の言葉を残らず告げなさい」

11月27日(日) 10時30分からの日曜朝の礼拝は 山口弘 定住伝道者による「命の言葉を残らず告げなさい」です。聖書は新約聖書「使徒言行録」 5章17節から26節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

すべてのお知らせを表示する

どなたでも出席できます

名古屋教会では毎週日曜日 午前10時30分から礼拝を開いています。この礼拝にはどなたでも参加できます。クリスチャンでなくとも構いません。キリスト教に興味がある方は一度お気軽にご出席ください。

名古屋教会ではあなたの席もご用意しています。
礼拝に予約は不要です。座席も十分な数をご用意しています。

教会は初めてという方へ

わたしの教会 この一枚

名古屋教会の教会員が撮影した写真とコメントを公開しています。

何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。(聖書 箴言4:23)

アドベント(待降節)も早くも3週目に入ろうとしています。そんな朝に、向き合ったみ言葉が箴言4:23でした。
様々な情報や価値観の氾濫する中で、確かな土台に立って今日も歩みたい。そんなことを思いめぐらしています。

一段と寒くなってきました。みなさまの心と体の健康が守られますように。
困難の中で、心も冷えてしまっているみなさまを、主が尽きない慰めでその思いを溶かしてくださいますように

Guchi「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。(聖書 箴言4:23) アドベ…

ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです( 聖書 マタイ2:2)

12/4の日曜学校の礼拝後、子供たちがクリスマスツリーを作ってくれました。玄関に置いて教会に来てくださる方を迎えてもらいたいと思います。

一段と寒くなってきました。みなさまの今週の歩みが守られますように。
悲しみと苦しみの中で心が凍るような思いの中を通過中のみなさの心を、主が、主の慈しみで溶かしてくださいますように。

Guchi「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方…

羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき・・・ 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる(聖書 ルカ2:8-10)

アドベント(待降節)に入り、教会の中もクリスマスの飾り付けが行われました。子供たちの作った羊たちと年代物の小さなクリスマスツリーが、教会に来てくださった方を迎えてくれています。

12月最初の世界中の礼拝が豊かに祝されますように
悲しんでいる方、傷ついている方の上に、主の尽きない慰めがありますように

Guchi「羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が…

主は雲を広げて覆いとし/火をもって夜を照らされた。(聖書 詩編105:39)

先週の土曜日(11/26)、愛知県政150周年の一環でブルーインパルスが名古屋市上空で大きな円をたくさん書いてくれました。
名古屋城に近いからでしょうか、教会の十字架の真上に、丸い飛行機雲がいくつもできていきました。
お城に近いとこんなお得があるのですね~
ちょっと曇りで残念。

週の半ばの皆様の歩みが豊かに祝されますように
苦しみの中を通過中の皆様を主が支え、主の尽きない憐れみで満たしてくださいますように

Guchi「主は雲を広げて覆いとし/火をもって夜を照らされた。(聖書 詩編105:39) 先週の…

シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。(聖書 ルカ2:28-30)

アドベント最初の教会学校で、それぞれアドベントカレンダーを作りました。毎日、一個、一個、貼り付けた袋を外していきます。
救い主を待ち望んだシメオンのように、子供たちが、Xmasを毎日心待ちにするアドベントとなりますように。

Guchi「シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。「主よ、今こそあなたは、お言葉…

主は言われる・・・「わたしの手は短すぎて贖うことができず/わたしには救い出す力がないというのか」( イザヤ50:1-2)

秋に120円で買ったポインセチアの苗が予想外に育ち、アドベントに間に合いそうです。
あまりに小さい、弱々しい苗に、絶対今年は無理だと思っていました。
予想外に大きくなったポインセチアを喜んで受付に飾りながら、
おい、こら!、そんなこと勝手に決めるな!と、ポインセチアに怒られている感じがしています。

そんな朝に読んだのがイザヤ書50章でした。
主はそんな私にも問われます「わたしには救い出す力がないというのか」
主の救いの圧倒的な力を、自分で勝手に限界を決めてはいけない。そう思わされています。

今日は名古屋教会で中部地区の日曜学校教師会です。
豊かな教師会となりますように。

Guchi「主は言われる・・・「わたしの手は短すぎて贖うことができず/わたしには救い出す…

主は民を最良の小麦で養ってくださる。「わたしは岩から蜜を滴らせて/あなたを飽かせるであろう。」(聖書 詩編81:17)

教会の子供たちとお芋ほりをしたいな・・・と教会の庭に植えたサツマイモがどの程度できているかチェックしました。びっくり❗️、かわいいサツマイモが3つもできていました(笑)。
名古屋城から2kmしか離れていない街中の4畳半ほどの小さな、それも日陰の多い畑でも、ちゃんと実るのだな〜。ちょっと感動しました。
甘い蜜が滴り落ちるサツマイモには程遠いかもしれませんが、子供たちが、芋ほり体験を喜んでくれたらいいな・・・と願っています。

迎える11月最後、アドベントを迎えた世界中の礼拝を主が豊かに祝してくださいますように
下を向き、涙しか出てこない状況を通過中のみなさまの上に、主の尽きない慰めがありますように

Guchi「主は民を最良の小麦で養ってくださる。「わたしは岩から蜜を滴らせて/あなたを飽…

イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。(聖書 マタイ14:29-30)
名古屋は強い北風が吹く朝でした。強い風のせいでしょうか、チラシ配りしたマンションの入り口が落ち葉の吹き溜まりとなっていました。
強くて寒い風に吹かれながら、マタイ14:29-33にあるペトロのことを思い出していました。強い風に怖くなって、助けてくださいと叫ぶペトロを、主イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ(4:31)てくださいました。主イエスと共に船に乗ると風は静まりました(4:32)。
礼拝から始まったこの週の歩みを主が豊かに祝福してくださいますように。
主イエスに「助けてください」と叫ぶこともできない方を主が支え、叫べる者としてくださいますように。

Guchi「イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエス…

あなたの天を、あなたの指の業を/わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。( 聖書 詩編8:4)

昨夜、名古屋でも皆既月食を見ることができました。教会から自宅に帰る夜空を見上げると、丁度部分月食が始まっていました。
皆既月食中に惑星食が起きるのは441年ぶりだそうです。人間の人生の長さと、自然の時間の長さを思いめぐらしていました。
皆既月食の空の下生きている、そんな小さな一人一人の悲しみも、喜びも、呻きも、神はだれよりもご存じです。如何に小さかろうと尊厳ある価値ある存在として一人一人を愛してくださっています。

週の半ばの世界中の祈りの時が豊かに祝されますように
悲しみ、苦しみの中を通過中のみなさまを主が主の尽きない慰めと慈しみで支えてくださいますように

Guchi「あなたの天を、あなたの指の業を/わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置な…

園丁は答えた。『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。( 聖書 ルカ13:8-9)

教会の秋桜が次々と咲き始めました。ここに至るまで失敗の連続でした。いつまでも発芽せず。せっかく発芽したのに、近所の猫に荒らされ、さらに夏の陽射しで大量に枯れてしまい。なんとか残ったものも、いつまでたっても咲きませんでした。でも、あきらめないでよかった。今、本当にそう思います。
『もう三年もの間、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。だから切り倒せ。なぜ、土地をふさがせておくのか。』。そう怒る主人に、園丁が答えるみ言葉が浮かんできました。
主イエスは、こんな私たちを、それでもあきらめず、辛抱強く待って、世話をし続けてくれています。実を結んでくださいます。

週の半ばの世界中の祈りの時が豊かに祝されますように
困難の中を、悲しみの中を通過中のみなさまに主の尽きない憐れみと慰めがありますように

Guchi「園丁は答えた。『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘っ…

アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)と名付けた。(聖書 創世記22:14)

10月最後の日曜学校の礼拝後、子供たちと“どんぐり”で思い思いにいろんな工作をしました。
秋に”どんぐり”、夏に”なす”、クリスマスの季節には”ひいらぎ”・・・・、季節ごとに、主は、子供たちにたくさんの工作道具を備えてくださる・・・
”ヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)”のみ言葉が浮かんできました。

みなさまの今週の歩みが豊かに祝されますように
困難の中、悲しみの中を通過中のみなさまに主の尽きない慰めがありますように

Guchi「アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)と名付けた。(聖…

盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。(聖書 マルコ10:52)

主イエスが、盲人パルティマイを癒す場面の最後の御言葉です。目が見えるようになったパルティマイに主イエスは「行きなさい、あなたの信仰があなたを救った」とおっしゃいます。しかしこの話はそこで終わりません。主イエスがはっきり見えるようになったパルティマイは主イエスと共に歩みだしたのです。
パルティマイにはどんな風景が見えていたのだろう、最後の個所を何度も思いめぐらしています。

高いそして青い名古屋の空に、小さな雲がたくさん浮かんでいました。空を見上げながら、何かうれしくなりました。

週末のみなさまの歩みが守られますように
世界中の10/30の礼拝の中心にいてくださる主が、みなさまを豊かに祝福してくださいますように

Guchi「盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。(聖書 マルコ1…

ペリシテ人は身構え、ダビデに近づいて来た。ダビデも急ぎ、ペリシテ人に立ち向かうため戦いの場に走った (聖書 サムエル上 17:48)

10/23の日曜学校の礼拝後、おりがみで作った力士?で紙相撲をしました。
みんな熱くなり、子供たちだけでなく、周りの大人もワーワー興奮気味・・・(笑)
熱い視線を紙の力士に送る子どもたち(&大人)の様子を見ながら、ダビデがゴリアトに向かっていく様子を固唾をのんで見つめるイスラエルの兵士たちの視線を思い浮かべていました。

今日は今年最低の気温だとか・・・みなさまの健康が支えられますように。
礼拝から始まった皆様の今週の歩みが守られますように。

Guchi「ペリシテ人は身構え、ダビデに近づいて来た。ダビデも急ぎ、ペリシテ人に立ち向か…

イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。」(聖書 マタイ4:4)

教会の玄関に置いた聖書が昨夜一冊減りました。これで持ち帰っていただいた聖書の累計が4月から50冊になりました。人通りの多い道に面しているわけでないのに、こんなに減るとは・・・。
一冊、一冊減るたびに、聖書が豊かに用いられますようにと祈っています。

贈呈用聖書が丁度なくなるころに、絶妙なタイミングでギデオン協会のみなさまが聖書を献品してくださいました。感謝いたします。

寒暖差の大きな日が続いています。みなさまの健康が守られますように。
週の半ばの世界中の祈りの時が祝されますように

Guchi「イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る…

御もとに隠れる人には/豊かに食べ物をお与えください。(聖書 詩編17:14)

名古屋は雲一つない秋晴れの朝です。空がとっても高く感じます。
信仰とは、頑張ることでなく、単純に隠れることだ。隠れる者を養ってくださる主に信頼することだ・・と、ある黙想集にありました。高く、どこまでも青い空を見上げながら、そのことを思い出しました。

週末のみなさまの歩みが守られますように
迎える10/16の世界中の礼拝が豊かに祝されますように
悩み、苦しんでいる方を主が尽きない慰めで満たし、支えてくださいますように

Guchi「御もとに隠れる人には/豊かに食べ物をお与えください。(聖書 詩編17:14) 名古…

わたしはあなたたちの老いる日まで/白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあなたたちを造った。わたしが担い、背負い、救い出す。(聖書 イザヤ46:4)

名古屋は一段と寒くなり、朝は長袖が欲しい季節になってきました。それにあわせて、教会の方が玄関の飾りつけを秋バージョンにしてくださいました。季節の変化が感じにくい街中で、教会の前を通る人たちの心を少しで癒してくれればと願っています。

週の半ば、世界中で持たれる祈祷会を主が豊かに祝してくださいますように。
悩み、不安の中にある方々を主が寄り添い、主が与えてくださる慰めと平安で満たしてくださいますように。

Guchi「わたしはあなたたちの老いる日まで/白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあ…

すべての写真を見る

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

ヨハネ 6章

イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」
ヨハネによる福音書 6章20節

恐れから解き放たれて生きる

パンの奇跡の後、弟子たちは舟に乗ってカファルナウムに向かいます。この時は、弟子たちだけで舟に乗り込み、対岸に向かいました。そこへ強い風が吹…