チャペルコンサートのお知らせ

日本キリスト改革派 名古屋教会のホームページへ戻る

問い合わせ

チャペルコンサートのお知らせ

2018/08/18(日)コルネットとオルガンのコンサートを開催します。 コルネット奏者としてイタリアからレナート・バヤルドさんをお招きします。


■日時
8月18日(日) 17:00-18:00(16:30分開場)

■曲目
ジョバンニ・ガブリエリ作曲
 「カンツォーナ第二巻」
ジョバンニ ・バッティスタ・リッチョ作曲
 「リコーダーとコルネットのためのカンツォーナ」他

■入場無料
皆様お気軽にお越しください。

■コンサート終了後
コーヒーとお菓子を用意しています。どなたもお立ち寄りください。

■演奏者と楽器について

コルネット奏者「レナート バヤルド」
1994年にジェノヴァの「ニコロ・パガニーニ音楽学校」でトランペットを学び卒業。
トランペットでは、ミラノのスカラ座、パルマ王立歌劇場、スイスラジオのオーケストラ(ルガーノ)など名門オーケストラとの演奏経験を持っている。
2004年にはニクラス・エクルンド氏とバロックトランペットの研究を始める。
2007年にコンセルバトーリオ ニコロ・パガニーニ音楽院をバロックトランペット
についての卒業論文にて卒業。バロックトランペットでは、オーケストラをはじめ古楽を専門に演奏・演出する小グループと協力して活動している。
オルガン奏者ロドルフォ・ベラッティとのデュオでイタリア国内外、数多くのコンサートをこなしている。
ルネサンス音楽への強い情熱より、古楽器コルネットを学ぶ。

古楽器「コルネット」
ルネサンス期に多く用いられた管楽器。別名ツィンク。近代金管楽器のコルネット
と同じ語源を持つが、異なる楽器。金管楽器のようにリップリードで音を出すが、木管楽器のように管上に空けられた孔を押さえて音階を表現する。


オルガン奏者「加藤 千加子」
金城学院大学在学中にオルガンを始める。
卒業後に、スイス・チューリヒ音楽大学教会音楽オルガン科に入学。ルドルフ・シャイデッガー氏に師事しコンサートクラスを修了、
コンサートディプロム取得。
日本オルガニスト協会会員、日本リードオルガン協会会員、
日本キリスト改革派名古屋教会所属。

名古屋教会の礼拝出席は事前予約は不要です。しかし

「車で行くので駐車場の案内をしてほしいです。」

「子供連れで行きたいので母子室を利用したいのですが…」

「なるべく前のほう(後ろのほう)の席に座りたいです。」

などなど、あらかじめリクエストやご質問がある方は、礼拝参加予約フォームにその旨ご記入いただくと当日の受付がスムーズに行えます。

礼拝参加を予約する

毎週日曜は礼拝の日

名古屋教会では毎週日曜日、神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜礼拝
午前10時30分~12時00分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜祈祷会
10時00分から11時00分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りを捧げます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。

電話でのお問い合わせなら052-531-9768まで。その際

「ホームページを見たのですが」

とお伝えくださると話が通じやすくなります。