2019年08月13日 Guchiさんのこの一枚

日本キリスト改革派 名古屋教会のホームページへ戻る

問い合わせ

Guchiさんの この一枚

Guchi「教会のご婦人が毎週、玄関におく御言葉ボードを書き変えてくださいます。今週は、讃美歌21 400番 「たとえ塔は崩れても」の4番を書いてくださいました。

この400番の1番は、

  たとえ塔は崩れ 瓦礫となるとも、
  主の教会から 鐘はなお響く。
  憩いを求めて 悩む者すべて
  ここへ招かれる。

と、荒廃した街の中であっても、響く教会の鐘の音を通して礼拝に招き続けてくださる歌詞で始まり、写真にある4番へと続きます。
8.15を前に、焦土をなったこの国のみなさんを招き続け、避けどころとなり続けてくださった神様を思いました。」