高松教会の歩み

日本キリスト改革派 岡山教会のホームページへ戻る
高松キリスト教会の礼拝堂

高松教会の歩み

高松教会は1905年創立。110年以上の歴史を持つプロテスタント教会です

私たちの教会は米国南長老教会のエ リクソン宣教師によって 1905年に伝道が開始され、宮内岩太郎牧師との協力開拓伝道により日本基督教会高松東教会(当時の通称は「築地の教会」)として1910年に始まりました。

戦後は焼跡の小屋で野田辰夫牧師により伝道が再び開始され、1946年4月 日本キリスト改革派教会創立大会に参加して、現在の高松教会の基礎が築かれました。その後、香川教会と合同し、1967年に会堂を現在の花園町に移転し、現在に至ります。