ようこそ!高松教会のホームページへ

日本キリスト改革派 高松教会のホームページへ戻る
日本キリスト改革派 高松教会の外観

ようこそ!高松教会へ

高松教会は香川県高松市花園町のプロテスタント教会です。毎週日曜日10時00分から礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝は誰でもが自由に参加できます。キリスト教や聖書に興味のある方はお気軽にお越しください。あなたの来訪を心よりお待ちしております。

次週の礼拝

日時
1月30日(日) 10:00より
説教題
「主の晩餐にあずかる」
説教者
小川洋 牧師
聖書
新約聖書「コリントの信徒への手紙一」11章27節から34節

詳細を見る

来会時のお願い

教会では新型コロナウィルス感染症予防のため、マスクの着用や手指消毒のご協力をお願いしています。

マスクを着用したイメージ画像
感染予防のため教会に来会される方はマスクの着用をお願いしています。
手指消毒のイメージ画像
手指の消毒にご協力ください。消毒液は教会入口にご用意しています。

動画で見る高松教会

Youtubeで高松教会の紹介をしています。教会へのアクセスや中の様子、教会に集う人々のインタビューなどもご覧になれます。

→直接Youtubeで視聴する

お知らせ

2022年1月30日(日) 日曜朝の礼拝「主の晩餐にあずかる」

1月30日(日) 10時00分からの日曜朝の礼拝は小川洋 牧師による「主の晩餐にあずかる」です。聖書は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」 11章27節から34節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年1月23日(日) 日曜朝の礼拝「主の晩餐を重んじる」

1月23日(日) 10時00分からの日曜朝の礼拝は小川洋 牧師による「主の晩餐を重んじる」です。聖書は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」 11章17節から26節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年1月16日(日) 日曜朝の礼拝「創造の秩序を尊んで」

1月16日(日) 10時00分からの日曜朝の礼拝は小川洋 牧師による「創造の秩序を尊んで」です。聖書は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」 11章2節から16節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年1月9日(日) 日曜朝の礼拝「神の栄光を現わす」

1月9日(日) 10時00分からの日曜朝の礼拝は小川洋 牧師による「神の栄光を現わす」です。聖書は新約聖書「コリントの信徒への手紙一」 10章23節から11章1節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年1月2日(日) 日曜朝の礼拝「キリストに倣(なら)う」

1月2日(日) 10時00分からの日曜朝の礼拝は小川洋 牧師による「キリストに倣(なら)う」です。聖書は新約聖書「ペトロの手紙一」 3章8節から18節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

すべてのお知らせを表示する

どなたでも出席できます

高松教会では毎週日曜日10時00分から礼拝を開いています。この礼拝にはどなたでも自由に参加できます。クリスチャンでなくとも構いません。キリスト教に興味がある方は一度お気軽にご出席ください。

教会は初めてという方へ

わたしの教会 この一枚

高松教会の教会員が撮影した写真とコメントを公開しています。

高松教会の礼拝堂には、小さなお子さん連れの方でも参加できるように「母子室」が設けられています。母子室はお子さんを寝かしたりするのに便利な畳敷き。文具や絵本、おもちゃなども取り揃えています。

モリー「高松教会の礼拝堂には、小さなお子さん連れの方でも参加できるように「母子室」が…

聖書学校に集う子供たちのあいだでは、思いがけない遊びが人気を博したりします。今回は将棋が人気みたいです。二人が真剣に勝負していると、次第にギャラリー(観客)も集まってきました。

モリー「聖書学校に集う子供たちのあいだでは、思いがけない遊びが人気を博したりします。…

高松教会の日曜礼拝が始まる直前の写真です。参加者はあらかじめ配られた礼拝のプログラムに目を通したり、聖書を読んだりしています。席数は十分な余裕があります。

モリー「高松教会の日曜礼拝が始まる直前の写真です。参加者はあらかじめ配られた礼拝のプ…

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

マタイ 28章16-20節

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」マタイによる福音書 28章20節

いつまでも主イエスと共に歩もう

辛いときには、その自分の辛い気持ちを理解してくれる人が側にいるだけで大きな力になります。
主イエスは、私たちが経験するすべての苦しみや悲しみ…