ようこそ!草加松原教会のホームページへ

日本キリスト改革派 草加松原教会のホームページへ戻る
日本キリスト改革派 草加松原教会の外観。屋根にそびえる十字架が目印です。

ようこそ!草加松原教会へ

草加松原教会は埼玉県草加市花栗のプロテスタント教会です。毎週日曜日10時30分から礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝は誰でもが自由に参加できます。キリスト教や聖書に興味のある方はお気軽にお越しください。あなたの来訪を心よりお待ちしております。

新型コロナウイルス感染予防

新型コロナウイルス感染予防

新型コロナウイルス感染予防のため、手洗い、消毒、マスク着用、換気等を行なっています。
礼拝参加の際には、ご協力をよろしくお願いいたします。
また、ご高齢の方、基礎疾患をお持ちの方、体調のお悪い方は、決して無理をなさいませんようにお願いをいたします。

次週の礼拝

日時
2月5日(日) 10:30より
説教題
「聖餐式の恵み」
説教者
立石章三牧師
聖書
新約聖書「マタイによる福音書」26章26節から30節

※本日は、立石章三引退牧師の説教です

詳細を見る

来会時のお願い

教会では新型コロナウィルス感染症予防のため、マスクの着用や手指消毒のご協力をお願いしています。

マスクを着用したイメージ画像
感染予防のため教会に来会される方はマスクの着用をお願いしています。
手指消毒のイメージ画像
手指の消毒にご協力ください。消毒液は教会入口にご用意しています。

動画で見る草加松原教会

Youtubeで草加松原教会の紹介ビデオを配信しています。教会へのアクセスや中の様子などもご覧になれます。

→直接Youtubeで視聴する

お知らせ

2023年2月5日(日) 日曜礼拝「聖餐式の恵み」

2月5日(日) 10時30分からの日曜礼拝は立石章三引退牧師による説教です。聖書はマタイ福音書26章26節~30節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2023年1月29日(日) 日曜礼拝「教会設立に向かって」

1月29日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はエフェソの信徒への手紙 4章9節~16節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2023年1月22日(日) 日曜礼拝「神様に立ち返る」

1月22日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書は創世記 3章1節~24節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2023年1月15日(日) 日曜礼拝「イエス様の権威」

1月15日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はヨハネ福音書 5章19節~30節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2023年1月8日(日) 日曜礼拝「安息日論争」

1月8日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はヨハネ福音書 5章9節~18節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2023年1月1日(日) 日曜礼拝「病人のいやし」

1月1日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はヨハネ福音書 5章1節~9節。新型コロナウイルス感染予防のため、オンライン礼拝になります。

2022年12月25日(日) 日曜礼拝「インマヌエルの意味」

12月25日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はマタイ福音書 1章18節~25節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2022年12月18日(日) 日曜礼拝「神は共にいる」

12月18日(日) 10時30分からの日曜礼拝は川杉安美牧師による説教です。聖書はマタイ福音書 1章18節~25節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

すべてのお知らせを表示する

どなたでも出席できます

草加松原教会では毎週日曜日10時半から礼拝を開いています。この礼拝にはどなたでも参加できます。クリスチャンでなくとも構いません。キリスト教に興味がある方は一度お気軽にご出席ください。

教会は初めてという方へ

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

歴代上 21章

「大変な苦しみだ。主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。」
歴代誌上 21章13節

罪を告白し神の憐れみにすがる

イスラエルは周辺諸外国との戦いに勝ち、力を得ていきました。王であるダビデの気持ちは高揚していたことでしょう。その機会を「サタン」は用います…