2022年01月23日「私たちを捜し求める神様」

日本キリスト改革派 岡山西教会のホームページへ戻る

私たちを捜し求める神様

日付
説教
田村英典 牧師
聖書
ルカによる福音書 15章1節~7節

Youtube動画のアイコンYoutube動画

Youtubeで直接視聴する

聖句のアイコン聖書の言葉

15:1 さて、取税人たちや罪人たちがみな、話を聞こうとしてイエスの近くにやって来た。
15:2 すると、パリサイ人たち、律法学者たちが、「この人は罪人たちを受け入れて、一緒に食事をしている」と文句を言った。
15:3 そこでイエスは、彼らにこのようなたとえを話された。
15:4 「あなた方のうちの誰かが羊を百匹持っていて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。
15:5 見つけたら、喜んで羊を肩に担ぎ、
15:6 家に戻って、友だちや近所の人たちを呼び集め、『一緒に喜んで下さい。いなくなった羊を見つけましたから』と言うでしょう。
15:7 あなた方に言います。それと同じように、一人の罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人のためよりも、大きな喜びが天にあるのです。」ルカによる福音書 15章1節~7節

原稿のアイコンメッセージ

 人が生きる上で真(まこと)の神を知ることは、とても大切です。それにより人は、何故自分が存在し、何のために、またどう生きるかも分り、必ず迎える自分の死の捉え方も変るからです。そこで今朝は、神の御子イエス・キリストが話された譬から、特に神の愛を学びたいと思います。

 先程、ルカ福音書15:1~7を読みました。ここには、自分を正しい人間と考え、1節「取税人たちや罪人たち」、つまり紀元1世紀のユダヤで人々から嫌われる仕事をしていた人たちを蔑む宗教指導者たちにイエスが語られた譬が見られます。パリサイ人や律法学者と呼ばれた彼らは、2節「この人は罪人たちを受け入れて、一緒に食事をしている」と、イエスに文句を言いました。これにイエスが答えられたのが、神の愛を教える4~7節の譬です。天地を造られた真の神の、私たちに対する愛が、ここに見事に示されています。

 では、それはどんな愛でしょうか。

 第一に、それは私たち不信仰な罪人を、神ご自分から捜し求めるほど熱い真実な愛です。

 イエスは、4節「99匹を野に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩」く羊飼いの話をされます。自分で勝手に迷い出た羊ですのに、羊飼いはその「一匹を見つけるまで捜し歩」く!神も同じだということです。

 神は人間をご自分のパートナーとして造られました。しかし、人間は勝手に神から離れた結果、この羊のようにさ迷い、生きる目的も意味も分らないまま、最後は死と滅びが待つだけとなりました。ところが、神はそんな私たちを実はずっと捜し求めておられたのです。

 時々誤解されますが、神は「私の許(もと)に帰って来るも来ないも、お前の決めることであり、仕方がない。好きなようにすればいい」と言って、無表情に目を瞑り、腕を組んで私たちを放っておかれるような冷たい方ではありません。迷い出た一匹の羊を一生懸命捜し歩く羊飼いのように実は神は、不信仰で身勝手な罪人で、そのままでは永遠の死に至る私たちを捜し求めておられるのです。

 事実、神はご自分の独り子イエスを私たちの魂の羊飼いとして二千年前、この世に遣わされました。イエスは、ユダヤやガリラヤをご自分の足でくまなく歩き、大勢の人に父なる神を表し、どんなに多くの人を神に立ち帰らされたことでしょうか。やがて十字架で命を捧げ、私たちの罪の贖いをされ、復活して天に帰られましたが、その後も失われた魂を捜し、神の許に連れ戻すために働いておられます。教会や聖書、キリスト教書籍や芸術、クリスチャンの友だち、キリスト教主義の学校や病院、ラジオ、テレビ、映画、インターネットなどを通してです。

 実際、全世界にイエス・キリストの福音が伝えられるまでに、これまで、どんなに大勢の伝道者の働きがあったことでしょう。迷い出た魂を捜し求める神の愛が、今もどれほど真剣で熱いか、よく心に留めたいと思います。

 第二に、神の愛は99匹を野原に残してでも、迷い出た一匹の羊を捜し回る羊飼いのように、個別的で、しかも割に合わないほど豊かで真剣な愛です。

 99匹を置いて、迷い出たたった一匹の羊を捜し回るなんて、よくよく考えれば何と割に合わないことでしょう。しかし、本当の愛には、他と比較して得か損かといった計算などないのだと思います。99匹と比べてどうのこうのではなく、迷い出た1匹の羊それ自体が大切ですから、99匹を野原に残してでも羊飼いは捜し歩くのです。

 神の愛も同じです。それは私たち一人一人に対する個別の愛なのです。神は私たちを決して十把一絡げに見てはおられません。神は私たち一人一人をご存じで、個別に愛しておられます。それも、私たちが母の胎内にいた時からです。詩篇139:13、15、16は神にこう歌います。「あなたこそ、私の内臓を造り、母の胎の内で私を組み立てられた方です。…私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。あなたの目は胎児の私を見られ…」と。

 かつて何度も神に背いた古代イスラエル民族でしたが、そんな彼らに、神は「私の目にはあなたは高価で尊い」とイザヤ43:4で言われ、一人一人がご自分に立ち帰ることを願われました。それは今の私たちに対しても同じです。

 しかし、何故神はこうなのでしょうか。私たちを本当に愛しておられるからです!ですから、私たちの魂の救いのために、神はご自分の掛け替えのない独り子イエスを世に遣わし、十字架につけて死に至らせ、私たちのどしようもない罪を全て償わせられました。従って、このイエスを私たちが心から信じ、受け入れ、依り頼むなら、神は必ず私たちを赦し、神と共に生きる永遠の命を下さいます。ヨハネ3:16は言います。「神は、実に、その独り子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠の命を持つためである。」私たちへの個別的で勿体ないばかりの神の愛を、よく心に留めたいと思います。

 第三に神の愛は、罪と不信仰のために決して自分で自分を救えない弱い私たちをも担い、救って下さる、慈愛に満ちたものです。

 羊飼いは、迷い出た羊を捜し回り、ついに見つけますが、自分にさんざん迷惑をかけたその羊を乱暴に連れ帰っても変ではありません。ところが、何と羊飼いは、5節「羊を肩に担ぎ」、家に戻ります。実はここの「肩」は元のギリシア語では複数になっています。ですから、両肩を意味します。つまり、父親がよく幼い子供にする肩車のことですね。何という優しさでしょうか。しかしまさに神は、神を無視したり自分勝手に生きようとする不信仰と罪を悲しみ、悔い改め、神に立ち返ろうとする者を、天に召される時まで担ぎ持ち運んで下さる、とイエスはお教えになるのです。

 神は私たちに、「勝手に私から迷い出たお前を私は見つけてやったのだから、あとは全部自分の力で生きよ」と言って、冷たく放っておかれる方ではありません。すぐヘナヘナとなり、また迷いやすい私たちのことを神はよくご存じです。クリスチャンになっても、なお弱く、愚かで、何度も失敗し、神の憐れみにすがるほかない私たち!でも、神はこんな私たちをも担ぎ、背負い続けて下さいます!神はそういうお方なのです。

 神はかつて、イスラエルの信仰者たちにこうおっしゃいました。イザヤ46:4「あなたが年を取っても、私は同じようにする。あなたが白髪になっても、私は背負う。私はそうしてきたのだ。私は運ぶ。背負って救い出す。」

 白髪頭になり、目も、脚も、頭も弱り、ヨタヨタになっても、神はご自分に頼る者を背負い、最後は必ず天国に入れ、救いを完成して下さる!そこまで慈愛に満ちたお方なのです。

 最後ですが、第四に、神は私たちの救いを、すなわち、私たちが神の許に立ち帰ることを、最高に喜ばれる愛に満ちた方です。

 イエスは、5、6節「見つけたら、喜んで羊を肩に担ぎ、家に戻って、友だちや近所の人たちを呼び集め、『一緒に喜んで下さい。いなくなった羊を見つけましたから』と言うでしょう」と言われます。羊飼いは、迷い出た一匹の羊を連れ戻せたことが、嬉しくてたまらないのです。

 神も同じです。イエスは、7節「大きな喜びが天にある」と、つまり、神の創られた宇宙全体が私たちの救いを喜ぶ、とまで言われます。何という大きな神の愛でしょう。

創り主なる神に背き、自分勝手に生きた者は、そのままですと死後、自分が犯した罪も不信仰も全てあらわにされ、神に裁かれます。私たちはその時、行いだけでなく、口にした言葉も心で思ったことも裁かれます。何と恐るべきことでしょう。

 しかし、神は決して私たちが滅びること自体を望んではおられず、私たちの救いをこそ望んでおられます!Ⅰテモテ2:4は言います。「神は、全ての人が救われて、真理を知るようになる事を望んでおられます。」

 ですから、私たちが神に立ち帰ることが、神には最高のお喜びなのです。神の御子イエスご自身がそうお教えになります。そこまで神は私達を愛しておられるのです。

 自分のことしか考えないことの多い私たち罪人だが、心から悔い改め、救い主イエスをただただ心から信じ、依り頼むなら、本当に一切を赦され、救われ、私たちは神の喜びとされます。また全宇宙が私たちの救いを喜びます!こんな幸せが、他にあるでしょうか。

 今朝は、イエスの語られた譬を通して、神の愛を四つの点から改めて教えられ気付かされました。この神の愛の故に、私たちは決して自分を粗末にせず、神に喜ばれるように自分の体も心も魂も大切にしていきたいと思います。また、如何にこの世が変っても、決して変ることのない神の愛を覚え、そこに留まり、神の愛を一人でも多くの方と分ち合い、天に召される時まで神と人に喜んで仕えたいと思います。

 今も昔も、この世は人間の罪深い欲望が生みだした醜いものがいっぱいで、その上、予期しない色々な苦難が私たちを襲い、思わず溜め息も出そうです。

 けれども、どんなにぶ厚い雲が空を覆っていても、その上には常に太陽が輝いていますように、私たちが気付きさえすれば、神の愛は常に注がれています。慈しみに満ちた主イエスが、私たちの魂の羊飼いとして、弱い私たちと常に共におられ、最後まで神の愛で、どうか、持ち運んで下さいますように!

関連する説教を探す関連する説教を探す