2019年7月21日(日) 日曜朝の礼拝「ひたすら祈りと御言葉の御用のために」

日本キリスト改革派 新潟教会のホームページへ戻る

問い合わせ

2019年7月21日(日) 日曜朝の礼拝「ひたすら祈りと御言葉の御用のために」

7月21日(日) 11時00分からの日曜朝の礼拝は片岡正雄牧師による「ひたすら祈りと御言葉の御用のために」です。聖書は新約聖書「使徒言行録」 6章1節から7節。この礼拝はキリスト教に興味がある方ならどなたでも参加できます。皆さまお気軽にお越しください。

2019年7月21日(日)の日曜朝の礼拝。礼拝説教は片岡正雄牧師による「ひたすら祈りと御言葉の御用のために」です。聖書は新約聖書「使徒言行録」 6章1節から7節になります。
礼拝は11時00分から12時10分まで。キリスト教や聖書、そして教会に興味のある方でしたら、どなたでも参加できます。皆さまお気軽にご出席ください。


日 時:7月21日(日) 11時00分から12時10分
場 所:新潟教会 礼拝堂
説教者:片岡正雄牧師
説教題:「ひたすら祈りと御言葉の御用のために」
聖 書:新約聖書「使徒言行録」 6章1節から7節
持ち物:必要なものは特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸しします。

■日曜朝の礼拝の主な流れ
1. 前奏
2. 司会者による招きの言葉
3. 賛美歌
4. 開会祈祷(主の祈り)
5. 使徒信条
6. 信仰告白
7. 賛美歌
8. 聖書朗読
9. 牧会の祈り
10.説教
11.お祈り
12.賛美歌
13.献金
14.讃美歌
15.祝祷

(↑)牧師が説教を行う講壇(こうだん)。右手にある黒いのは献金袋と呼ばれています。この献金袋が前列からリレー形式で回ってきます。そして握りしめた献金をこの袋の中に入れるかたちになります。はたから見ると誰がいくら入れたのかは分からないようになっています。

毎週日曜は礼拝の日

新潟教会では毎週日曜日に神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。

お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜礼拝
午前11時00分~12時10分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜祈祷会
11時00分から12時00分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りをささげます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。