筑波みことば教会の歩み

日本キリスト改革派 筑波みことば教会のホームページへ戻る
筑波みことば教会の礼拝堂

教会の歩み

筑波みことば教会は1980年に伝道を開始。40年近い歴史を持つプロテスタント教会です

北米キリスト改革派日本伝道会は、1970年代後半、ミカエル・ドベルト宣教師一家をつくば伝道のため当地に派遣することを決め、1980年5月11日に第一回の礼拝が持たれました。同時に、現在地(つくば市東2丁目15-20)に教会堂と牧師館を建設、同年10月10日に献堂式が行われました。その後、長島邦忠、櫻井良一、山下正雄、二宮創、宮崎彌男、小堀昇の諸師によって伝道と牧会が継続され、現在、会員総数59名(内、現住陪餐会員29名)となっています。なお、当教会(伝道所)は1993年5月に北米キリスト改革派日本伝道会より独立し、日本キリスト改革派東関東中会に加入、今日に至っています。